« 8/19(月)悠里のグッドグッドミュージック | トップページ | 8/20(火)悠里のグッドグッドミュージック »

2013年8月19日 (月)

熊野古道「伊勢路」を歩いた福元ひろこさん。

お盆休み明けの8月19日・月曜日は、
福元ひろこさんをお迎えしました。

P1030372_6

福元さんは、3年前、書店で目に留まった
スペインのガイドブックに影響を受け、
キリスト教の聖地への巡礼路
「サンティアゴ巡礼路」に惹かれ、
単身、スペインへ向かいました。
2ヶ月掛けて、ピレネー山脈を越える
1000キロの道のりを踏破
たくさんの人と出会い、優しさに触れ
「歩くことは平和につながる」
「自分は自分のペースで進むしかない」
実感、この旅で、福元さんの中にあった
「将来への不安」「嫉妬」「後悔」などの
気持ちが消えたそうです。

そして、帰国後、ふと訪ねた神社がきっかけで
世界遺産熊野古道の「伊勢路」
「伊勢神宮」から「熊野本宮大社」までの
200キロ超の道のりを、ちょうど1年前に
2週間かけて歩きました。
この「歩く旅」を一冊の本にまとめました。

P1030373

1日平均20キロずつ歩き、猛暑や雨、
虻などの虫に悩まされたこともあったそうですが、
出会いや新しい発見の連続で、歩くことにより
「縁」と「運」引き寄せた福元さん。
「宿のおかみさんやご主人」「沿道のお年寄り」
「担当編集者」「喫茶店で出会った人たち」
「修験者さん」「語り部さん」、そして、
「同世代の女ともだち」との交流の中で、
人情味あふれるエピソードや、不思議な繋がり
いろいろとあったとのことです。
伊勢から熊野への旅を通して実感したのは、
「日本って、こんなに素敵な場所だったのか」
「日本人ってこんなに温かいのか」
「日本っていい国だなあ」という、
普段、忘れがちなことだったそうです!

P1030374

19日の放送では、旅に出たきっかけ
「サンティアゴ巡礼路」を踏破した感想
伊勢から熊野への旅のエピソード
「歩く旅」の素晴らしさ今後の目標などを
たっぷりとお話しいただきました。
元気明るく温かいお人柄の福元さん
これからも応援しています!

福元ひろこさんが書かれた
「歩く旅の本  伊勢から熊野まで」は、
東洋出版から、定価:1890円で発売中です。
お問い合わせは、東洋出版
電話 03 5261 1004 までどうぞ。

こちらをクリックすれば本が直接購入できます

15時25分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.