« 2/19(水)悠里のグッドグッドミュージック | トップページ | 2/20(木)悠里のグッドグッドミュージック »

2014年2月19日 (水)

五輪の花咲かす一週間 山田太一さんと考える「今」。

「五輪の花咲かす一週間」3日目
19日・水曜日は、日本を代表する脚本家
山田太一さんをお迎えしました。

P1030737

東京・浅草生まれの山田さんは、
小学3年生の時に強制疎開湯河原へ転居、
お母様を早くに亡くし、お父様
「男手一つ」で育ててくださったそうです。
早稲田大学卒業後、教師の夢を叶えられず
助監督を募集していた松竹へ入社。
巨匠・木下恵介さんをはじめ、
様々な映画監督のもとで修業されました。
その後、脚本家として独立、
「木下恵介アワー」を始めとする
様々な作品を手がけました。
山田さんの代表作といえば、やはり
TBSドラマ「岸辺のアルバム」
「ふぞろいの林檎たち」などですね。
さらに、NHK「藍より青く」
TBS「それぞれの秋」など、
それぞれの時代を象徴する名作ばかりです。

P1030738

19日の放送では、脚本家として
まもなく50年を迎える山田さんに、
お父様の思い出や、木下恵介監督のこと
流行する「ひとりカラオケ」についてなど
様々なお話を伺いました。
穏やかな口調ながら、「今」を鋭く切り取る
お話しの数々に、大沢悠里と見城美枝子は
深く聞き入っていました。

P1030739

山田太一さんのエッセー集
「月日の残像」は、新潮社から
定価:1680円で発売中です。
お問い合わせは、新潮社
電話 03 3266 5111 までどうぞ。

こちらをクリックすれば書籍が購入できます

12時51分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.