« 9月29日(月)笠置シヅ子特集! | トップページ | 9/30(火)悠里のグッドグッドミュージック »

2014年9月29日 (月)

ヨネックス Presents 小川知子のふらりまち歩き  お台場。

毎週月曜日「お昼のスーパートーク」は、
9月29日から、装いも新たに、
「ヨネックス Presents
  小川知子の ふらりまち歩き」と題して
お届けしてまいります。

TBSアナウンサー小川知子が、毎週、
ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
履いて、いろいろな場所に「ふらり」と出掛けて
おすすめの散歩コースを取材します。

ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
長時間歩いても「疲れにくい」と評判です。
「パワークッション ウォーキングシューズ」
こちらをクリックすれば詳細が見られます


29日の放送では、東京のお台場エリアに出掛け
公園を巡る散歩を楽しんだ様子を報告しました。
出発地は、東京臨海新交通「ゆりかもめ」
新橋駅から20分の「青海駅」です。
文字通り、駅前には青い海が広がっています。
魚が跳ねている様子が見え、
道路から少し外れると静かで、
海風に当たりながら景色を楽しみました。

Img_0024_1

青海駅からパレットタウンを抜け
「センタープロムナード」を南西方向に進むと
人気の複合スポット「ダイバーシティ 東京」の
「機動戦士 ガンダム」の立像が見えます。
さらに進み、「船の科学館」のすぐ近くを歩いて
到着したのが「潮風公園」です。
デッキ状の岸壁から釣り竿を垂らしている方が
たくさんいて、のんびりとした雰囲気でした。

Img_0026_2

その後、海岸沿いに歩道を進み15分
「お台場海浜公園」に到着します。
この公園には「釣りエリア」「磯遊びエリア」
そして、砂浜の「お台場ビーチ」があります。
遊泳禁止ですが、波打ち際での波遊びは出来ます。

Img_0030_3

そして今回の最終目的地は、さらに15分歩いた
「台場公園」です。
江戸時代に砲台が築かれ、その跡が残っています。
一辺が160mの石垣に囲まれた四角い島です。

Img_0032_4

「お台場」という地名の由来である「台場」は、
江戸幕府が、黒船の来襲に備えて
東京の品川沖に築いた「砲台の跡」です。
この台場公園は、お台場海浜公園の対岸、陸続きで
少し突き出した岬のような場所です。
海風が渡り、海面では魚が跳ね、すぐ近くを
水上バスが行き来しています。
目線を少し上に転じると、黒松越しに、
車が行き来するレインボーブリッジが見えます。
羽田空港を離着陸する飛行機も間近に見えます。
幕末の江戸時代そのままに残された台場と、
近代的なレインボーブリッジのコントラストが、
不思議な空間を作っているように感じられました。

新しく作られた街で、最新のスポットや建物を見て
最後に江戸の歴史を感じた3時間の散歩でした!

今回の出発地「青海駅」は、「ゆりかもめ」で、
新橋駅から20分です。
散歩コースには、「ゆりかもめ」の
「船の科学館駅」、「台場駅」、そして
「お台場海浜公園駅」も近いので便利です。

18時41分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.