« 12/8(月)悠里のグッドグッドミュージック | トップページ | ありのままの一週間  初日は綿引勝彦さん。 »

2014年12月 8日 (月)

ヨネックス Presents 小川知子のふらりまち歩き           小金井公園

毎週月曜日「お昼のスーパートーク」は、
「ヨネックス Presents
    小川知子の ふらりまち歩き」です。

TBSアナウンサー小川知子が、毎週、
ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
履いて、いろいろな場所に「ふらり」と出掛けて
おすすめの散歩コースを取材します。

ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
長時間歩いても「疲れにくい」と評判です。
「パワークッション ウォーキングシューズ」
こちらをクリックすれば詳細が見られます。

今回は、ラジオをお聴きの方からいただいた
「まち歩きのリクエスト」をもとに
散歩に出掛けました。

出発地は、JR中央線の武蔵小金井駅です。

Koganei1

2010年11月に、中央線の三鷹・立川間で
高架化工事がすべて終わり、武蔵小金井駅も
新しく機能的な駅舎に生まれ変わりました。
武蔵小金井から新宿まで、快速で約25分、
「住みたい街」として人気で、駅の辺りには
大きなマンションがたくさん建っています。
実は、数十年前には、大沢悠里も、
この街に住んだことがあります。

武蔵小金井駅をスタートして、
南北に延びる「小金井街道」を、北方向、
花小金井駅方面にのんびりと歩きました。
そして到着したのが「小金井橋」です。

Koganei2

玉川上水の上に架かっている橋です。
玉川上水は、江戸の飲料水のために作られ
玉川庄右衛門・清右衛門の玉川兄弟が
工事を請負い「玉川上水」と呼ばれました。
かつて川の両岸は、2000本の桜が
見事に咲き誇る桜並木がありました。

小金井橋から五日市街道を渡りへ歩くと
小金井公園に到着します。
西口から公園に足を踏み入れました。
しばらく歩くと、「江戸東京たてもの園」
左側に見えてきます。
江戸から昭和にかけて実際に使われていた
建物を移築した野外展示形式の博物館です。
広い敷地に、江戸時代の農家や明治時代の
お屋敷、大正や昭和時代の商店や銭湯など、
実際に江戸や東京に建っていた様々な家を
見事に移築し、展示しています。

Koganei3

「江戸東京たてもの園」では、現在、
「ジブリの立体建造物展」
来年の3月15日まで開催されています。
スタジオジブリの世界を満喫できます。

「江戸東京たてもの園」を満喫した後は
再び、小金井公園のお散歩を楽しみました。
とにかく広い公園で、歩いていると
時間を忘れてしまう感じです。
訪ねた時には、見事な紅葉と、
美しい花が、小川を迎えてくれました。

Koganei444

春は桜秋は紅葉が美しい小金井公園、
まさに「オアシス」です!

Koganei5

今回の出発地は、
JR中央線の「武蔵小金井駅」です。
新宿駅から中央線の快速で約25分です。
小金井公園には、西武新宿線の
「花小金井駅」の利用も便利です。

15時09分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.