« 4/13(月)悠里のグッドグッドミュージック | トップページ | 40周年!岩崎宏美さん。 »

2015年4月13日 (月)

ヨネックス Presents 小川知子のふらりまち歩き  神楽坂

毎週月曜日「お昼のスーパートーク」は、
「ヨネックス Presents
    小川知子の ふらりまち歩き」です。

TBSアナウンサー小川知子が、毎週、
ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
履いて、いろいろな場所に「ふらり」と出掛けて
おすすめの散歩コースを取材します。

ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
長時間歩いても「疲れにくい」と評判です。
「パワークッション ウォーキングシューズ」
こちらをクリックすれば詳細が見られます。
新製品もご覧いただけますよ!

今回は「飯田橋駅」から出発しました。
飯田橋付近は江戸時代、
現在の神楽坂の辺りにあった武家屋敷から
牛込見付の城門を通って江戸城へ登城する
旗本や家臣が行き交う道でもありました。

150407_141402iidabashi

飯田橋駅から「外堀通り」を横断して、
「神楽坂下」の交差点から坂を上ります。
最初に向かったのは、
最も神楽坂らしいとも言われる
かくれんぼ横丁」です。

150407_143401kakurenbo

横幅3メートルほどの路地で、
道は石畳が扇形に敷かれています。
花街だった面影を感じる路地で、
今は飲食店が軒を並べています。

続いては、神楽坂のランドマークのような
こちらへ立ち寄りました。
毘沙門天 善國寺」です。

150407_150301bishamon

朱色の門と本殿で、「狛虎」が目印です。
階段を上ると本殿があって、
そこに毘沙門天が祀られています。
毘沙門天では、三世代でお参りにいらした
富山からの女性にお会いしました。

毘沙門天から、さらに坂を少し上ると、
左側に、老舗の和菓子屋さん
神楽坂 五十鈴」さんが見えてきます。
立ち寄りまして、桜餅やお団子など
季節の和菓子をいただきました。
お散歩途中の和菓子は、ホッとしますし、
季節のお菓子は、見るだけでも楽しいです。

左に折れて急な「地蔵坂」を上がると、
光照寺」があります。
かつての牛込城跡です。
牛込は、現在の群馬県の赤城山の麓の領主
大胡氏がこの地に移り、1555年、当地が
牛を飼っていた場所「牛込」だったことから
「牛込氏」に改名しました。
史跡があったという看板だけが立っていますが、
神楽坂にお城があったのですね。

150407_154902saka

光照寺・地蔵坂から、さらに先へ進みますと、
都営地下鉄・大江戸線の「牛込神楽坂駅」や、
東京メトロ・東西線の「神楽坂駅」が近づきます。
「神楽坂」は、粋な雰囲気の中に、
人情や歴史が感じられ、楽しいお散歩でした。

今回出発した飯田橋駅は、
JR中央・総武線の各駅停車が停まります。
さらに、東京メトロ・東西線、南北線、有楽町線と、
都営地下鉄・大江戸線が乗り入れています。
神楽坂へは、東京メトロ・東西線の「神楽坂駅」と
都営地下鉄・大江戸線の「牛込・神楽坂駅」も
利用できます。


15時57分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.