« ヨネックス Presents 小川知子のふらりまち歩き
「居島一平と歩く神保町」
| トップページ | 8/25(火)悠里のグッドグッドミュージック »

2015年8月24日 (月)

「30年目 感謝の夏物語」 初日は三上博史さん。

24日・月曜日からのゆうゆうワイド
「30年目 感謝の夏物語」と題し、
素敵なお客様楽しい企画いっぱいで
お届けしてまいります。

初日・24日は、俳優として活躍中の
三上博史さんをお迎えしました。

Mikami_hiroshi

ご両親が映画に関わる仕事をされていて、
お母様や叔母さまが女優という環境で
少年時代を送った三上さんですが、
当時は「高給取りのサラリーマン」を
目指していらしたそうです。
15歳(高校在学中)の時に、友人と
寺山修司さんが監督・脚本の映画
「草迷宮」オーディションを受け、
寺山さんに見出されて主演デビュー
寺山さん主宰の「天井桟敷」鍛えられ
多くの才能の中で育ってこられました。

三上博史さんの名が世に広まったのは、
やはり、昭和62年の映画
「私をスキーに連れてって」ですね。
原田知世さんとのW主演で、
当時の若者を中心に大ヒットを記録、
社会現象のスキーブームを巻き起こしました。
続いて「君の瞳をタイホする!」など、
いわゆる「トレンディドラマ」に主演
人気ナンバー1俳優の座を不動のものにし、
その後も、「汚れちまった悲しみに」
「あなただけ見えない」、「遠き落日」などで
様々な役巧みに演じてこられました。
近年では、舞台作品への主演を中心に
NHK大河ドラマ「平清盛」
フジテレビ「プロポーズ大作戦」などの
人気作品でも存在感を発揮されています。

24日の放送では、幼い頃の思い出や、
師匠・寺山修司さんのこと
ご自身の役者としてのお気持ちなどを
たっぷりとお話しいただきました。
普段、なかなか生放送のトーク番組には
出ることがないという三上さん。
素晴らしいお人柄を感じることが出来た
楽しいひとときでした。
「大沢悠里のゆうゆうワイド」という、
番組のサウンドステッカーの語り口が、
静かでっゆっくりとお話しいただきながらも、
力強くて素敵なお声で、
やはり、舞台で鍛えられ、
育ってこられた役者さんだと改めて感じました。
朝早くから、ありがとうございました。

三上博史さん主演舞台
パルコ・プロデュース
「タンゴ・冬の終わりに」
来週の土曜日・9月5日から
9月27日・日曜日まで
東京・渋谷の「パルコ劇場」
上演されます
お問い合わせは、パルコ劇場
電話:03 3477 5858までどうぞ

こちらをクリックすれば詳細が見られます。

東京公演のあとは、大阪・金沢・福岡・
愛知・新潟・富山・宮城でも上演されます

17時49分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.