« 9/7(月)悠里のグッドグッドミュージック | トップページ | 4年ぶり! 宮本亜門さん。 »

2015年9月 7日 (月)

ヨネックス Presents 小川知子のふらりまち歩き  成城。

毎週月曜日「お昼のスーパートーク」は、
「ヨネックス Presents
    小川知子の ふらりまち歩き」です。

TBSアナウンサー小川知子が、毎週、
ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
履いて、いろいろな場所に「ふらり」と出掛けて
おすすめの散歩コースを取材します。

ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
長時間歩いても「疲れにくい」と評判です。
「パワークッション ウォーキングシューズ」
こちらをクリックすれば詳細が見られます。

今週も、ヨネックスから新発売
「パワークッションウォーキングシューズ」
新製品「LC75」を履いて出掛けました。
4色あるバリエーションの中から、
流行のシルバーをチョイスしました。
素敵なデザインの新製品、いかがですか!
男性用のタイプもありますよ!

今回は、世田谷区にある、小田急電鉄の
成城学園前駅」からスタートしました。

Img_0919seijyo1

高級住宅地と知られる成城、大正時代に
東京・新宿にある「成城学校」から
分離独立した「成城学園」がこの地に来て、
その後に、現在の小田急線が開通、
地名も「成城」と名付けられました。
当初は、柳田國男さん、大江健三郎さん、
大岡昇平さんらが住む「文士村」で、
昭和7年には「東宝撮影所」がオープン
黒澤明さんや市川崑さんらの名監督
志村喬さん、三船敏郎さんら
数多くの映画スターが住み始め、
高級住宅地のイメージが定着しました。

駅を後にして、正面に伸びる桜並木を歩き
その道と交差する銀杏並木を進むと、
ひときわ立派な生垣の「旧猪俣邸住宅」
見学しました。
財団法人・労務行政研究所の理事長を務めた、
猪俣猛さんご夫妻が住んでいた住宅で、
昭和42年に建てられました。
設計は、文化勲章を受賞した
日本を代表する建築家の吉田五十八さんで、
武家屋敷風の趣がある数寄屋造りです。
世田谷区に寄贈され、一般公開しています。
「昭和の大邸宅とお庭」という趣でした。

Img_0921seijyo2

成城の住宅街を北西に向かいますと、
緑豊かな「特別緑地保全地区」に着きました。
訪ねた「みつ池」は、約2万平方メートルの
ほとんどが保護区で、金網越しに覗くと
見渡す限りの自然がありました。
湧水が出るほどに水が綺麗なことから、
初夏には、ゲンジボタルが飛び交うそうです。

さらに西へ下ると、大きな川が見えてきます。

武蔵野の大地を流れ、多摩川に注ぐ「野川」です。
野川緑地広場」に着きます。
ゴルフ練習場やテニスコートなどがあった場所を
一般の人も利用できる公園に整備したそうです。
公園の説明拠点「ビジターセンター」もあります。

成城地区には、世田谷区によって整備された
市民緑地」がたくさんあります。
「世田谷 緑のフィールドマップ」に基づき
10ヶ所の緑地を廻るのが散歩コースとして最適で
いずれも駅や住宅街から、ほど近い場所に存在、
遠出しなくても、身近に自然が残されています

Img_0923seijyo3

今回の出発地、「成城学園前駅」は、
新宿駅から小田急線の急行で15分ほどです。
小田急線は東京メトロ千代田線と
相互直通運転を実施していますので、
都心の大手町や表参道などからも便利です。
「野川緑地広場」には、同じ小田急線の
「喜多見駅」の利用も便利です。

8月24日に実施した、ヨネックスの
パワークッションウォーキングシューズの
プレゼントに、たくさんのご応募をいただき、
ありがとうございました!

18時05分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.