« 10/5(月)悠里のグッドグッドミュージック | トップページ | 松居一代さん、元気に登場! »

2015年10月 5日 (月)

ヨネックス Presents 小川知子のふらりまち歩き         田端~尾久~あらかわ遊園

毎週月曜日「お昼のスーパートーク」は、
「ヨネックス Presents
    小川知子の ふらりまち歩き」です。

TBSアナウンサー小川知子が、毎週、
ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
履いて、いろいろな場所に「ふらり」と出掛けて
おすすめの散歩コースを取材します。

ヨネックス
「パワークッション ウォーキングシューズ」
長時間歩いても「疲れにくい」と評判です。
「パワークッション ウォーキングシューズ」
こちらをクリックすれば詳細が見られます。

9月中旬には、これからの季節にピッタリな
歩きやすさとスマートなデザインを兼ね備えた新製品
ブーツタイプのウォーキングシューズ
女性用「LC76」男性用「MC76」発売されました。

小川知子は、このシューズを履いて、出掛けています!

今回は「幅広い世代が楽しめる散歩」と題し
JR田端駅からスタートしました。
駅を出てJRの線路をまたぐ田端大橋には、
歩行者専用の「田端ふれあい橋」が整備され、
歩道からはJR線が見下ろせます。
頭上には、新幹線が走っています。


さらに、田端駅の北側には、
JR東日本の操車場が広がっていて、
在来線の機関車や、新幹線の車両基地など、
色とりどりの車両を見ることが出来ます。

Tabata1

この田端駅から北へ向かい、地図上では
すぐ近くにあるJR尾久駅へ向かいました。
線路沿いに歩くと、目の前に見えてくるのは
「JR 尾久車両センター」です。
宇都宮線高崎線を走る通勤電車や、
寝台特急「カシオペア」が停まっていました。
こちらも、電車好きの方やお子さんたちに
楽しめるスポットですね。

Tabata2

さて「尾久」ですが、駅名は「おく」
すぐ近くの荒川区にある地名は「おぐ」
同じ場所なのに、読み方が違います。
これには、かつて温泉地として栄えた
この付近の歴史的な経緯があるようです。

尾久駅前の明治通りを渡って、
隅田川方面に進むと、都電・荒川線
「荒川車庫前停留場」が見えてきます。
都電荒川車庫の最寄り駅で、車庫の手前に
かつて都電で走っていた2両を展示してある
「都電 おもいで広場」があります。
こちらの広場は、土曜日と日曜日に開放
車両の中には、東京に都電が走っていた頃の
町並みを再現したジオラマもあるそうです。
展示されている都電には、行先が
「銀座」と表示されていました。
おそらく大沢悠里も、かつてこの電車で
通勤していたことでしょうね。
車庫に出入りする都電も見られて、
こちらも皆で楽しめる場所です!

Tabata3

さあ、都電ひと駅ぶん、東に歩いて、
今回の終点「あらかわ遊園」に到着しました。
荒川区が運営する区営の遊園地です。
区営というのが珍しいですよね。
大正11年に開園し、かつては民営で、
「東京に最も近い避暑地」として、
水遊びが主な遊園地でした。
園内には、観覧車などの乗り物の、
釣り堀や動物広場、ポニー乗馬、
芝生広場や水遊びの広場などがあります。
園内や周りの壁などがレンガ造りで、
これは、かつて、付近の川沿いに
レンガ工場が数多くあったことの名残です。
そんな歴史も感じられ、勉強もできて
ゆっくり散歩しながら楽しめますね。

Tabata4

今回スタートした田端駅は、
JR山手線と京浜東北線が乗り入れています。
尾久駅には、宇都宮線と高崎線が停車します。
「あらかわ遊園」の最寄り駅は、
都電・荒川線の「荒川遊園地前停留所」です。
荒川線は「町屋駅」「王子駅」「大塚駅」など
いくつかの停留所で、
JRや地下鉄などと乗り継ぎができます。

16時24分|スタジオ風景 |


Copyright (c) TBS Radio. All Rights Reserved.